蕨市中央で接骨院をお探しなら、蕨市蕨駅の「わらび整骨院」へお越し下さい。元気一杯のスタッフが皆様の体を治療させて頂きます。丁寧な施術を心がけておりますので、女性の方や高齢者の方にも安心して起こし頂けます。アスリート・手ムクミン・足ムクミン、頭痛・骨盤矯正・肩っちゃん、骨盤矯正、腰部の治療、股関節のストレッチ治療、肩っちゃん(肩のストレッチ)等の治療や腰痛・肩こり(肩痛)・首こり(首痛)の辛い痛みや捻挫、肉離れ、テニス肘、野球肘・野球肩、半月板損傷などのスポーツ障害や交通事故の後遺症等、様々な悩みをサポート致します。保険証をお持ち頂ければ、各種保険での治療が可能です。ベビーカーでの来院も可能です。お気軽にお越し下さい。

ふくらはぎのムクみ

2016年02月04日

最近、靴下のあとが消えなくなっていませんか?

ブーツが入りにくくなっていませんか?

足首のくびれがなくなっていませんか?

それ、ふくらはぎがムクんでいるサインかもしれませんよΣ(゚д゚;)

ふくらはぎのムクみとは一般的に血行不良によって身体の余分な水分が溜まってしまう事で起こります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原因は・・・大きく「一過性」と「病的」に分けられます。

「一過性」のものにはいくつかあり

・仕事等による立ちっぱなし又は座りっぱなし

本来、下半身の血液は筋肉が伸び縮みし、そのポンプ作用によって上半身に送り返えされ

るのですが、立ちっぱなし座りっぱなしだと筋肉を動かさない状態なのでポンプ作用が働かず、血行不良が起こり足がムクみます。

冷え性、寒さによる足の冷え

動いているけどムクむという方に多く、冬の時期の気温やストレス、睡眠不足等の原因で体温が下がると筋肉のポンプ作用が弱くなり、血行が悪くなります。

食事

塩分やアルコールを取りすぎると人間は水分を身体に溜め込もうとする作用が働くため、余分な水分が原因でふくらはぎだけではなく顔にもムクみが出ます。

「病的」のものには心不全や腎不全、下肢静脈瘤等があります。

ムクみを放っておくと足の重だるさや夜中に足がつってまったりしてしまうのですぐに対処しましょう。

当院では足のムクみには温罨法、ストレッチ、足全体の特殊治療「ムクミン」で治療をしていきます。

もし足のムクみでお悩みの方は気軽に相談して下さいね(`・ω・´)

↓はムクミンのふくらはぎの治療です。

 

 


Copyright© 2018 わらび整骨院 All Rights Reserved.