蕨市中央で接骨院をお探しなら、蕨市蕨駅の「わらび整骨院」へお越し下さい。元気一杯のスタッフが皆様の体を治療させて頂きます。丁寧な施術を心がけておりますので、女性の方や高齢者の方にも安心して起こし頂けます。アスリート・手ムクミン・足ムクミン、頭痛・骨盤矯正・肩っちゃん、骨盤矯正、腰部の治療、股関節のストレッチ治療、肩っちゃん(肩のストレッチ)等の治療や腰痛・肩こり(肩痛)・首こり(首痛)の辛い痛みや捻挫、肉離れ、テニス肘、野球肘・野球肩、半月板損傷などのスポーツ障害や交通事故の後遺症等、様々な悩みをサポート致します。保険証をお持ち頂ければ、各種保険での治療が可能です。ベビーカーでの来院も可能です。お気軽にお越し下さい。

院長ブログ

寝違えに気をつけましょう!!

2018年03月08日

朝起きたら首、背中がイテテ!

そんな「寝違え」を経験したことがある方は多いと思います。

 

・そもそも寝違はなぜ起こる?

寝ているとき、通常は体勢が苦しければ、無意識に寝返りを打って、首に負担がかからない体勢にしています。

しかし、うつ伏せなど悪い姿勢で寝ている、合わない枕を使っている、過労や泥酔によって、寝返りをほとんど打たなかった等の理由で、

長い時間首まわりに負担がかかり続けると、筋肉を傷めてしまいます

なかでも、疲れて凝ってしまっている筋肉は柔軟性がなく、痛めてしまいやすいので要注意です!

・予防

良い姿勢、合った枕を使うのはとても大切なことなのですが、何より凝り固まった筋肉をケアしてあげることが大切です!

他に対策をしても柔軟性のない筋肉だとそれだけで寝違えるリスクが高くなります。

起きているときにずっと同じ姿勢でいないよう、こまめに首、肩を動かしたりストレッチをする。

湯船につかって血行を良くし、筋肉を柔らかくする。

 

・なってしまったら

ズキズキとした痛みがあるうちは炎症が起きているのでしっかり冷やしましょう

1~2時間に1回、10分程度、冷やし過ぎには気をつけてください。

また、無理に痛い方に動かしたり、グリグリほぐしてしまうと余計に悪化してしまうことがあるので、絶対にしないでください!

そして、できるだけ早く治療に来てください!!


2018年03月05日

 

3月になり温度差が大きくなりましたね 。

こういう季節の変わり目に増えるのが【ぎっくり腰】です!

「ぎっくり腰」の画像検索結果

なぜかと言うと…

季節の変わり目】は体調を崩しやすいと知っている人が多いと思います。

体調と同じ位、注意しなくてはいけない時期です。

気温の上下幅が大きくなると身体がどちらに合わせて良いか分からなくなり
体が疲れやすくなってしまいます。

※原因※

ぎっくり腰が起こる前に背中や腰の疲れや違和感、だるさ、重さ、痛みを感じてもケアや休養しないでいると起きてしまいます

そして、限界を超えてしまうと腰や背中を急に伸ばしたり曲げた時などに、ピキッと部分的に断裂をしてしまいます

そして、ぎっくり腰は再発しやすく、痛みの有る時はしっかり治療をしないと、背中、腰の筋肉が硬くなり可動域が制限されて血行不良によって 身体の回復力が弱くなり、日常のふとした動作で再発する事が多いです

※予防※
お風呂などで、しっかり身体を温めて血行を良くする事とストレッチが大切です!

この2つは自宅でも簡単に出来るのでオススメです。

ぎっくり腰になって辛い思いをしない為にもしっかりケアをしましょう。

【なってしまったら】ぎっくり腰になってしまった時は無理に動かず、腰をアイシング、痛みの有る側を上にして身体を丸めるように横向きになると楽になります。

そして動けるようであれば、なるべく早く治療しましょう!


~ぎっくり腰~

2018年03月05日

3月になり温度差が大きくなりましたね 。

こういう季節の変わり目に増えるのが【ぎっくり腰】です

「ぎっくり腰」の画像検索結果

なぜかと言うと…

季節の変わり目】は体調を崩しやすいと知っている人が多いと思います。

体調と同じ位、注意しなくてはいけない時期です。

気温の上下幅が大きくなると身体がどちらに合わせて良いか分からなくなり
体が疲れやすくなってしまいます。

※原因※

ぎっくり腰が起こる前に背中や腰の疲れや違和感、だるさ、重さ、痛みを感じてもケアや休養しないでいると起きてしまいます

そして、限界を超えてしまうと腰や背中を急に伸ばしたり曲げた時などに、ピキッと部分的に断裂をしてしまいます

そして、ぎっくり腰は再発しやすく、痛みの有る時はしっかり治療をしないと、背中、腰の筋肉が硬くなり可動域が制限されて血行不良によって 身体の回復力が弱くなり、日常のふとした動作で再発する事が多いです。

予防
お風呂などで、しっかり身体を温めて血行を良くする事とストレッチが大切です!

この2つは自宅でも簡単に出来るのでオススメです。

ぎっくり腰になって辛い思いをしない為にもしっかりケアをしましょう。

【なってしまったら】ぎっくり腰になってしまった時は無理に動かず、腰をアイシング、痛みの有る側を上にして身体を丸めるように横向きになると楽になります

そして動けるようであれば、なるべく早く治療しましょう!


最近急増している”肘の痛み”

2018年02月22日

今日は、『肘の痛み』についてご紹介しますね!

 

・フライパン持つのが痛い

・カバンを持ち上げると痛い

・雑巾しぼるのが痛い

・キーボードの入力で痛い

・字を書いていて痛い

・ビン、ペットボトルのフタを開ける時が痛い

などなど・・・。

このような症状の方はもしかすると

『上腕骨外側上顆炎(テニス肘)』

かもしれません。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)とは?

 

写真の丸の付いている骨の部分を上腕骨外側上顆と言います。そこは、手首を反らしたり指を伸ばしたりしてくれる筋肉がくっ付いています。繰り返しその筋肉達を使うことにより、くっ付く場所(上腕骨外側上顆)は何度も何度も引っ張られそこに炎症が起きてしまった状態のことを言います。別名で『テニス肘』とも言います。それはテニスでバックハンドで打つ時にこの筋肉を使い過ぎ痛める人が多いことからその名前がつきました。

 

 

左「普通の状態」

右「手首を反らし力を入れた状態」

 

 

 

丸い印が付いているところに筋肉がつながっているのがわかりますか?

どんな人に多いの?

物を持ったり、握ったり、職人さん、料理人さん、美容師さん、テニスをしてる方、最近ではパソコン仕事の方に多く見られます。共通するのは、『手を使いすぎている』と言うことです!

 

どんな症状が出るの?

押すと痛い、腫れている、熱感がある、手首の曲げ伸ばしで痛い、手の力が入りにくい、物を持つのが痛い

 

『治療』

まずは痛みを感じる動作を避ける、炎症を抑えるためにアイシング、使いすぎて凝って疲れてしまった筋肉をほぐす、手首や指が動きづらいと動かす筋肉は疲れてしまうので関節の調整、運動する方やどうしても使わないとという方にはテーピングを行います。

 

痛みというのは体からの「もう限界だよ」と言うサインです!このサインの前には、腕が疲れたな重いななど必ず体からのサインがあるはずです。そこでしっかり治療することが大切で治る速さを左右します!なので早めにご相談ください。

 

より良い明日になるようにお手伝いさせてください!!


パソコン作業で肩、首が痛い!? ~脛肩腕症候群~

2018年02月01日

パソコン作業中、首、肩が痛くなりませんか?

肩こりを我慢していませんか?

もしかしてそれは頚肩腕症候群になっているかもしれません。

~頚肩腕症候群~

・症状

首、肩、腕全体がだるい。動かすと痛い。手を挙げることができない。

片頭痛、吐き気、めまい、腕や手先のしびれ、50肩になることも…

若い人にも発症し、男性より女性に多い。

・原因

パソコン、スマホなどの長時間使用や同じ姿勢でずっと作業をしている

身体の一部だけをを使いすぎると肩や首の筋肉が固くなり、痛みが生じやすくなる。

普段からの運動不足も原因になります。

 

当院では長時間使ってガチガチに固まってしまった筋肉をほぐしたり、

動きの悪くなった関節の動きをよくするための治療を行っています。

少しでも早く治療したほうが回復も早くなります

こういった症状でお悩みの方や、これは!と思った方、

今すぐご相談下さい!!

 

・自宅でできる改善方法

なかなか治療に来る時間がない、そんな方でも大丈夫!

こういった症状は、筋肉を温めてあげると血流が良くなり、ほぐれてきます。

なので、蒸しタオルで肩、首周りを温めたり、湯船にゆっくりつかると効果的です!

蒸しタオルは濡らしたタオルを1分くらいレンジでチンすると簡単に作れますので、ぜひやってみてください(^^)/


うわさの・・・

2018年01月22日

早乙女です!!

最近、ショッピングモールに増えてる『おもちゃ屋さんの倉庫』大宮ステラタウン店に行ってきました( *´艸`)

感想は、とにかく安いです(笑)

それも物によっては、びっくりするくらい安いです( ゚Д゚)

子供だけじゃなく大人でも欲しくなるような物もたくさんありましたー

大人になっても、おもちゃ屋さんに行くとワクワクしますね♪

皆さんも機会があったら是非行ってみてください!!


関節の痛み

2018年01月18日

1月も半ばになり、どんどん寒くなってきました…

この時期は、関節に痛みを訴える方が増えてきます

痛みの原因としては様々な要因がありますが、特にこの寒い時期に考えられるのは、まず血行不良が挙げられます。
寒さによって血管の収縮するため、血行が悪くなったり、酸素や栄養素の循環も滞り、体は老廃物がたまりやすい状態になります。

すると、周辺の筋肉まで硬くなってしまうため、腰やひざ、肩といった、よく動かすところに、いつも以上に大きな負担がかかってしまい、痛みがでてきます。

そんな時こそ、当院での治療が効果的です!

痛みがある中でも原因となる部分を特定して治療をしていくので、寒くてこわばった筋肉がほぐれて、血行がよくなります。筋肉が柔らかくなることで関節にかかる負担が軽減し、痛みが改善されていきます!

ちょっとでも痛みで気になるようなことがありましたらすぐにご相談ください。

他にも、自分で体を温められるオススメの方法があります。

①運動

適度なウォーキングストレッチがオススメ。身体を動かすと血行が良くなり、筋肉がほぐれてきます。他にもちょっとの時間で腕を回すだけでも血行が促進されます。やりすぎに注意して行いましょう。

②衣服

ヒートテックなど薄くても温かい服がオススメ。分厚い服1枚より何枚か重ね着するとさらに効果的です!腹巻などで腰周りを冷やさないようにしたり、貼るカイロをつかったりとあたたかくするグッズを活用するのもオススメです!

③食事

体を温める飲み物として、紅茶、ココア、生姜湯などがオススメ。逆に、コーヒーや緑茶の飲みすぎは体を冷やす原因となるので、飲み過ぎには気を付けましょう。また、お酒を飲む習慣のある方は、ビールより日本酒やワインなどがオススメです!

身体を温めて元気に冬を乗り切りましょう!!


新年会!(^^)!

2018年01月11日

あけましておめでとうございます!

早乙女です(^O^)

先週の日曜日に友人と新年会をしてきました!!

なかなか予約の取れない『鶯谷園』という焼肉屋さんで美味しい肉を食べ、美味しいお酒を飲んできました♪

どのお肉も最高に美味しかったです(*’▽’)

皆さんもぜひ行ってみてください!

おすすめです☆


朝起きて首が痛い⇒寝違え

2017年11月29日

もうすぐ12月になり気温が下がり身体が冷える事が増えますね( ;∀;)

寒くなって冷えてくると増える症状が寝違えです!

 

・症状・

1.朝起きた時に首や背中が痛くて動かせない⇒この症状が一番辛いです。

2.痛くは無いけど、なんとなく違和感が有る⇒完全に寝違える手前です

3.頭痛や吐き気がある⇒偏頭痛が出やすい方に多い症状です。

・原因・

自分に合わない高さの枕で寝返りや首を急に動かした時、疲労が溜まったままになっている、体調不良、睡眠不足など

筋肉はストレスや疲労が溜まると硬くなり、弾力の無い痛めやすい筋肉になります。

その為、筋肉が無理に引き伸ばさて起こってしまいます。

 

・治療・

上に書いてある1に該当する症状は、アイシング、安静が重要です。2.3に該当する症状は、しっかり温めて筋肉が柔らかく、痛めにくい状態を保つ事が大切です。

※全てがこれに該当する訳では無いので、早めの受診をオススメします。

・注意点・

寝違えを起こす人は、繰り返し痛める習慣性になっている人も多く、寝違えを起こすまわりの筋肉全体の治療を十分にしていく事が大切です。

 


足の冷えとむくみ

2017年11月24日

足がむくむときは足が冷えている。

足のむくみと冷えは、一見何の関係もないように見えますが、実は深い関係があるのです。

 

冷えると血液やリンパの流れが悪くなります。

血液やリンパには水分を回収する役割があるのですが、冷えによって流れが悪くなると水分の回収がうまくいかなくなり、水が溜まってむくみに繋がります。

ですから、冷えからのむくみを解消するためには、この血行不良を解消する必要があります。

また、血管は筋肉のすぐ近くを通っています。その為、筋肉が固まっていると血管が圧迫され、血行不良につながります。

その為、血行を良くするためには、まずは凝り固まった筋肉をほぐしてあげる必要があります。

 

そこでオススメなのが、当院のムクミンという治療です!

足の付け根から足先までの筋肉をしっかりとほぐしていくので、凝り固まった筋肉がほぐれ、冷えて滞ってしまった血行がグングン良くなります!

治療が終わるころには全身がポカポカしてきますよ(*^^*)

 

他にも、血行不良を解消するポイントとして、

身体を温める」「運動をする」ことがオススメです。

身体を温めるには入浴がおすすめ!

シャワーでは、身体を十分に温められませんので、ゆっくりお湯に浸かるようにしましょう。

運動は、15分程度の軽いジョギングでもOK!

寒い時期は体が縮こまり、歩幅も小さくなってしまいがちです。

大きな歩幅で歩くことで、足の筋肉をしっかり使い、血行を良くしていきましょう!!


« Older Entries
Copyright© 2018 わらび整骨院 All Rights Reserved.