蕨市中央で接骨院をお探しなら、蕨市蕨駅の「わらび整骨院」へお越し下さい。元気一杯のスタッフが皆様の体を治療させて頂きます。丁寧な施術を心がけておりますので、女性の方や高齢者の方にも安心して起こし頂けます。アスリート・手ムクミン・足ムクミン、頭痛・骨盤矯正・肩っちゃん、骨盤矯正、腰部の治療、股関節のストレッチ治療、肩っちゃん(肩のストレッチ)等の治療や腰痛・肩こり(肩痛)・首こり(首痛)の辛い痛みや捻挫、肉離れ、テニス肘、野球肘・野球肩、半月板損傷などのスポーツ障害や交通事故の後遺症等、様々な悩みをサポート致します。保険証をお持ち頂ければ、各種保険での治療が可能です。ベビーカーでの来院も可能です。お気軽にお越し下さい。

ランナー必見!!走ると膝の内側が痛い!~鵞足炎(がそくえん)~

2018年10月17日

・鵞足炎とは・・・

鵞足(がそく)とは膝の内側に付く「縫工筋」、「薄筋」、「半腱様筋」という筋肉が付く場所のことで膝を曲げる、内側の向ける働きをします。

長距離ランナーシューズの底が内側だけ減る偏平足などが当てはまる人に多く、鵞足が炎症を起こすと

①ランニング後に膝下の内側部分に痛みが出ます。

②歩行や階段の昇降時に痛みが出るようになり、、、

③安静にしていても痛みが出てしまいます( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

 

 

【原因】

・X脚

・足部のオーバープロネーション※(過回内)

・鵞足に関連する内転筋群+半腱様筋の過緊張

・練習量の急激な増加などが挙げられます。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

※オーバープロネーションとは最大加重時(着地時)に、踵が大きく内側に傾き、着地から蹴り出しの動きがスムーズではない状態

【予防・治療】

・走る前、走った後は必ずストレッチする事が大切です!

・一番の原因は、オーバーユース(使いすぎ)が多いので痛みが出るようであ     れば、ゆっくり休む事と自分で出来る内転筋やハムストリングスのストレッチが出来ると早めに競技に復帰出来ます(‘◇’)ゞ

当院では『とりあえず休みましょう』などの曖昧な治療はしません!痛みの原因を見つけて早期回復する為の説明やポイント治療をしていきます!

そのうち痛みが取れるだろうと放置しておくと、厄介な痛みが残ってしまいます。少しでも症状が出たら我慢せずに治療しましょう!!

 

 

 

 

 

 


Copyright© 2018 わらび整骨院 All Rights Reserved.