蕨市中央で接骨院をお探しなら、蕨市蕨駅の「わらび整骨院」へお越し下さい。元気一杯のスタッフが皆様の体を治療させて頂きます。丁寧な施術を心がけておりますので、女性の方や高齢者の方にも安心して起こし頂けます。アスリート・手ムクミン・足ムクミン、頭痛・骨盤矯正・肩っちゃん、骨盤矯正、腰部の治療、股関節のストレッチ治療、肩っちゃん(肩のストレッチ)等の治療や腰痛・肩こり(肩痛)・首こり(首痛)の辛い痛みや捻挫、肉離れ、テニス肘、野球肘・野球肩、半月板損傷などのスポーツ障害や交通事故の後遺症等、様々な悩みをサポート致します。保険証をお持ち頂ければ、各種保険での治療が可能です。ベビーカーでの来院も可能です。お気軽にお越し下さい。

いい睡眠

2015年06月27日

こんにちは中村です(*゚▽゚*)

最近いつまででも寝てられるんじゃないかと思うくらい

眠い中村ですが、睡眠に関する面白い記事があったので紹介します♪

 

ペンシルベニア大学とワシントン大学が7~8時間睡眠を取っている健康的な男女を

集めて適切な睡眠時間の研究を行いました

 

3グループに分けそれぞれ4・6・8時間睡眠にしました

2週間後 4時間睡眠→テストの途中でも居眠り  6時間睡眠→飲酒状態と同じ

というほど注意力の欠如などが著しく現れました。

さらに脳機能が低下し続けたことから睡眠不足による脳へのダメージは

累積されていくことがわかりました!

 

1,2日の睡眠不足ならすぐ回復するのですが、

慢性的な睡眠不足のダメージを治すにはその分長い期間質のいい睡眠が必要です

ですが、寝すぎるのも良くないみたいですね

心臓病肥満糖尿病のリスクが高まり、死亡リスクが30%増すそうです

また睡眠時間が7時間未満の人々も、心臓病肥満糖尿病のリスクが高まり

その他の病気も含めた死亡リスクは12%高くなります

 

ですが、遺伝子的に変異があり睡眠時間が少なくても平気な方もいます。

自分にあった睡眠時間は人それぞれらしいですが、7~8時間を目安だといいそうです

 

質の良い睡眠のために

(1)0時前にベッドに入ることを目標にする

(2)ベッドでごろごろしながらスマホなどをいじらない

(3)寝る3時間前には食べ物を口にしない

(4)就寝前にはアルコールとお茶を口にしない

(5)ベッドに入ったら足先を見るような気持ちで目を閉じる

(6)どうしても眠れないときは一度起きてパジャマを着替えて気分転換

 

質のいい睡眠にいい食べもの

バナナ、乳製品(牛乳など)、大豆製品(豆乳、豆腐など)、魚介類、肉(鶏肉など)、

米(玄米など)、豆、卵、ごま、ひまわりの種、はちみつなど!

質のいい睡眠を適切な時間取り疲れを次の日に

持ち越さないようにしましょうヽ(・∀・)ノ


Copyright© 2018 わらび整骨院 All Rights Reserved.