蕨市中央で接骨院をお探しなら、蕨市蕨駅の「わらび整骨院」へお越し下さい。元気一杯のスタッフが皆様の体を治療させて頂きます。丁寧な施術を心がけておりますので、女性の方や高齢者の方にも安心して起こし頂けます。アスリート・手ムクミン・足ムクミン、頭痛・骨盤矯正・肩っちゃん、骨盤矯正、腰部の治療、股関節のストレッチ治療、肩っちゃん(肩のストレッチ)等の治療や腰痛・肩こり(肩痛)・首こり(首痛)の辛い痛みや捻挫、肉離れ、テニス肘、野球肘・野球肩、半月板損傷などのスポーツ障害や交通事故の後遺症等、様々な悩みをサポート致します。保険証をお持ち頂ければ、各種保険での治療が可能です。ベビーカーでの来院も可能です。お気軽にお越し下さい。

肘の痛み

2016年02月23日

今日は、『肘の痛み』についてご紹介しますね!

 

・フライパン持つのが痛い

・カバンを持ち上げると痛い

・雑巾しぼるのが痛い

・キーボードの入力で痛い

・字を書いていて痛い

・ビン、ペットボトルのフタを開ける時が痛い

などなど・・・。

このような症状の方はもしかすると

『上腕骨外側上顆炎(テニス肘)』

かもしれません。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)とは?

 

写真の丸の付いている骨の部分を上腕骨外側上顆と言います。そこは、手首を反らしたり指を伸ばしたりしてくれる筋肉がくっ付いています。繰り返しその筋肉達を使うことにより、くっ付く場所(上腕骨外側上顆)は何度も何度も引っ張られそこに炎症が起きてしまった状態のことを言います。別名で『テニス肘』とも言います。それはテニスでバックハンドで打つ時にこの筋肉を使い過ぎ痛める人が多いことからその名前がつきました。

 

 

左「普通の状態」

右「手首を反らし力を入れた状態」

 

 

 

丸い印が付いているところに筋肉がつながっているのがわかりますか?

どんな人に多いの?

物を持ったり、握ったり、職人さん、料理人さん、美容師さん、テニスをしてる方、最近ではパソコン仕事の方に多く見られます。共通するのは、『手を使いすぎている』と言うことです!

 

どんな症状が出るの?

押すと痛い、腫れている、熱感がある、手首の曲げ伸ばしで痛い、手の力が入りにくい、物を持つのが痛い

 

『治療』

まずは痛みを感じる動作を避ける、炎症を抑えるためにアイシング、使いすぎて凝って疲れてしまった筋肉をほぐす、手首や指が動きづらいと動かす筋肉は疲れてしまうので関節の調整、運動する方やどうしても使わないとという方にはテーピングを行います。

 

痛みというのは体からの「もう限界だよ」と言うサインです!このサインの前には、腕が疲れたな重いななど必ず体からのサインがあるはずです。そこでしっかり治療することが大切で治る速さを左右します!なので早めにご相談ください。

 

より良い明日になるようにお手伝いさせてください!!


Copyright© 2018 わらび整骨院 All Rights Reserved.